田舎者@ptsのブログ

ヨーントのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最終章理学療法士学生生活その4 患者さんに向き合って

無事に卒業式も終わり、謝恩会も終わりました。学生生活終わりました。濃かったですね。

さて、今日のテーマは二年生後期です。後期は演習としては、模擬患者さんを評価したり、色々と実践的でした。全ては評価実習に繋がる為の準備。そして終わった科目から試験という日程。又、国家試験の対策の小テストもありました。科目については問題なくこなし、いよいよ問題の評価実習。

一回目はAKAの手技に統一された病院。二回目はボバース。考えの違いに戸惑いもありましたが、どちらの病院でも言われたのは患者さんに向き合って。とにかく、それが一番大切なこと。その結果が評価実習での充実ぶりに繋がりました。不安な動作観察もかなり力がつき、最高学年に繋がりました。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/06(水) 20:11:40|
  2. 三年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最終章理学療法士学生生活その5 治療と国家試験 | ホーム | 卒業式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://odapts.blog15.fc2.com/tb.php/243-923a7b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。