FC2ブログ

田舎者@ptsのブログ

ヨーントのブログです

一年前

一年前のこの日の朝、クラスの方が亡くなりました。当日は関連施設の見学実習の日でした。無断欠席なんかする人ではなかったのに、朝の点呼でいなかった。その日の夕方、仲良かった人達が集合していた。違和感を感じたのを覚えています。葬儀にて、奥さんが語った言葉が今でも忘れられないです。天国に行って一年。もう、そちらには慣れましたか?あれから、あなたの夢見た理学療法士を目指してここまで進んできました。途中で挫折を感じそうになったのもありましたが、諦めたくはないです。あまり仲良くはなかったけど、あなたのリーダーシップや友人を大切にする姿勢は忘れません。ここから、先厳しい道のりですが、我が儘かもですが見守っていてください。

今日はちょっと心の想いを書いています。改めて、気持ちの切り替えです。
スポンサーサイト



  1. 2011/09/29(木) 21:52:22|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関門がやってきた

評価演習、最初の関門です。事前に渡されてる模擬患者の動作レベルから、動作観察をするのを決めないといけません。そして、その優先順位も考えないといけません。その理由も含めて考えないといけない。時間は40分なんで、その計画を考えるということですね。ここからが、関門ですね。トップダウンリーズニング。動作レベルから問題点の把握を行い、評価する過程。問題点の整理がしやすいので、患者の負担も少ないです。しかし、検査する前に動くということでリスク管理は慎重さが求められるわけで。

この流れを考えたら、班で役割分担していよいよ模擬患者が来る1回目を迎えます。模擬患者の評価は一発勝負。凄いプレッシャーです。ただ、唯一の救いは班が前期と同じであること。完全な頼りきりの人がいない班であり、バイザー代わりの教員とも関係性を一応、築けてはいるかなて感じです。皆が期待するほど自分自身が凄いわけでもないし、プレッシャーはきついなと最近思うから、ある意味この班は居心地が良いです。もしかしたら、この班のメンバー決定した時にこういうこと知ってたのかな?教員は。

明日は整形外科が休講です。つまり、学校休み。ちょっとでも評価演習を進めないと。まずは、面倒な生活環境論の図面作成を仕上げてから取り組めば集中出来るかなて感じです。ちなみに、明日は進路の面談です。昨日の再試験の計画発表で前期で留年決定した人の身の振り方についての面談があるみたいです。4人いるんですが、今日は皆休んでました。一応、そのうちの一人からは昨日連絡がありました。どうするかは、自分で決めることですが、再試験対策もした人がいたりして、ちょっと複雑な気分ですね。
  1. 2011/09/28(水) 21:37:55|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

評価実習の日程が出た

評価実習の日程が出ました。まぁ、前から提示されてたから知ってたことなんですが。後期は集中型詰め込み式の講義。前半で終わるのが脊損、小児、脳神経外科、外科、義肢装具学、生活環境論あたりですか。そういえば、生活環境論は自分の家の図面をエクセルで表すという課題があります。とりあえず明後日は休み。なので、早めに生活環境論と評価演習の脳卒中の予後についてをしないといけません。
ちなみに、今日は再試験の結果発表。途中まででしたが、三人決まってしまった人がいました。とにかく気がつけば一応、カリキュラムは半分過ぎました。もう、立ち止まる暇はないです。頑張らないといけません。
  1. 2011/09/27(火) 16:48:38|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医龍

三連休です。明けたら、授業が通常ペースに戻ります。1限からですね。そろそろ、頭の切り替えですね。
そういえば、後期は外科が有るんですが、何故かいきなり医龍にはまってしまって全巻借りてきて読んでしまいました。バチスタ手術の良い点や悪い点とか書いてありました。後、確かに漫画やから超人的なことが書いてあったりもしましたが、人間臭さもありました。凡庸な人間でも努力を怠らず、そして教科書通りではなくしっかりと向き合ってということを感じられ、なんか同意しましたね。後、個人的に内科医の立場を詳しく書いてあるのを見て、凄く引き付けられました。確かに縁の下の力持ちですが、万全な状態で患者を手術へ臨ませるというスタンスがよく分かりました。チームプレーの大切さが分かる気がしました。
ちなみに、多分自分は霧島軍司のタイプなんでしょうね。
  1. 2011/09/24(土) 23:46:35|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

廃用症候群

今日は警報により休講でした。再試験は今日の分と明日一気にやってしまうみたいで、明日4科目の再試験があるみたいです。
さて、疾患についてまとめてますが、まずは神経筋疾患が終わったので、次は老年期をまとめてます。しかし、廃用症候群は幅広いです。ていうか疾患なのか?という感じですが。とにかく、評価実習には間に合わない可能性高い疾患についてですが、国家試験や三年生の治療実習には間に合わせないといけません。ちなみに、今週はなんと授業が通算で2つだけ。確実に来週からきついパターンやわあ。評価演習のためにも動作観察とかしないと。誰か効率の良い動作観察教えてください。ていうか、文書化能力欲しいです。ストレス発散するには、今はどうするべきかな?て感じです。発作的にDVD全巻借りてきて見たりしてますが。暗い人間ですね(笑)
  1. 2011/09/21(水) 19:22:56|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恒例の内科学小テスト

後期も恒例の内科学小テスト始まりました。初回は満点でした。前期はこの小テストに助けられて優だったし、この調子でいかないと。
後期の日程で思うことはなんか一点集中詰め込み式てことでしょうか。脊損を1日に4コマ連続にして4回で終了したり、小児も同じようなことにしたり。まぁ、科目の入れ替わりがあるのは前期と変わりないですが、それが顕著な気がします。単純に6時間も同じ授業は、飽きますね(汗)ちなみに、小児の授業に言いたいのは、なんかずっと姿勢筋緊張についての話しかしてないです(笑)脳性麻痺の治療各論と名前ついてますが、筋緊張の治療各論と名前変えた方が良いような気がします(笑)日本の理学療法の主流がボバースだから?でしょうか。やり過ぎとしか思いませんが。小児に進みたい人少ないからかも知れませんが。まぁ、癖のある授業は癖有るんですが、なんか最近顕著ですね。
  1. 2011/09/21(水) 02:17:33|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰痛

最近、試験が終わってやや勉強進まないムードになっていますが、気合入れる為にもここは理学療法の評価について書いてみます。
腰痛についてですが、腰痛の評価て難しいですよね。その痛みがどこからくるのかよく分からない部分も多々ありますしね。そんな中で一つ教えてもらったのが筋性の痛みについてです。腰痛を引き起こすのは多裂筋だとよく言われますが、この筋はそもそも感覚器の役割が強いようです。その為、筋肉の使い方のバランスが崩れていると警告サインとして痛みを発症するとか。この場合は、筋肉の使い方のバランスに問題が有るので、コアマッスルの使い方をトレーニングするようにすると良いとのこと。うーん、これはボバースの概念みたいなんですが、根拠があるようでちょっと微妙な感じもします。どうなんでしょうか?まぁ、痛み自体複雑な内容ですしね。
まぁ、とにかく楽な日程は今週までで来週からは授業がみっちり入ります。しかも、脊損に関しては4コマ連続×4日で終わるみたいです。駆け足だし、ついていけるようにしないといけません。日程、まだ見えないですがとりあえず、早めに試験ありそうなのが脊損、小児、外科辺りでしょうか?後、動作分析学は確か去年中間テストやってたし、有りそうかな?とりあえず、冬休み明けにまとまってあるのは多分変わらないですが、ちょっとでも負担減らせると良いなて感じです。評価演習の準備もしないといけないですが。
  1. 2011/09/19(月) 19:28:49|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前期結果

今日、最後の結果待ち臨床心理学が返ってきました。結果は満点でした。というか、多分クラスで10人くらい満点だったのではないかなて感じです。これで前期終了。結果としては演習と義肢装具学が良。残りは全て優でしたが、点数では80代が多かったです。理解がまだまだ薄い部分やらもあるのかなて感じです。
後期も早一週間。明日は久しぶりに(笑)朝から授業。頑張らないといけません。
  1. 2011/09/15(木) 16:43:03|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残暑?

9月もおおよそ半分過ぎました。しかし、まだセミも鳴いてるし暑いです。毎年思うのは今年は涼しくなるんかな?てこと。まぁ、涼しくなったら一気にいくのかなとも思います。
後期の序盤は昼から授業が多いですが、そろそろ元に戻るかなて感じです。まぁ、前期より体力的には楽なようですが、土曜日に4コマ全て同じ授業の日とかあるし、バイザー会議は土曜日ですしね。
ところで試験最後の臨床心理学のみ返ってきません。全員受かってるんですが、点数不明ですね。
  1. 2011/09/14(水) 20:18:45|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再試験始まる

再試験始まりました。うちの学校の方針として再試験は全部終わるまで結果出ないんですが、今日の内科学は先生が全員合格してたという報告をしました。まぁ、良かったですね。私は再試験無いけど、対策で呼ばれることもあります。とにかく来週くらいまで続くみたいです。
そういえば、まだ結果返って来てないですが、臨床心理学は全員合格してたらしいです。前期、再試験無しだったのは人間発達、神経内科、臨床心理学でした。
さてさて、自分は評価演習やらを頑張らないといけません。
  1. 2011/09/13(火) 19:18:02|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後期履修申請

後期の履修申請しました。後期は実習も合わせて17あります。評価実習頑張らないといけません。
呼吸の治療各論も返却されました。99でした。何か間違えたのかちょっと残念でした。まぁ、点取りゲームではないですね。明日から三連休。評価演習やらないといけません。
  1. 2011/09/08(木) 16:43:56|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前期終了と後期開始

前期終了しました。いよいよ、後期です。治療各論の残りや医学系科目がいくらかと、そして評価実習です。評価実習に向けていよいよ、後期のメインの評価演習が始まりました。今度は中枢ですね。
そして、試験が一気に8返ってきました。それと、整形外科の採点ミスで点数上がりました。結果としては義肢装具学以外オール優。義肢装具学は授業点と合わせて78.3。まぁ、そもそも本試験が60満点で45ということで8割越えてないし。仕方ないかな。実技試験もADLは良かったけど、評価は反射はしっかり点数取れてましたが、感覚は微妙な感じでした。神経内科は満点でした。今の課題はやはり実技。そして、動作観察。後期、しっかりやりたいですね。
  1. 2011/09/07(水) 17:44:08|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

試験終了

8日間に渡っての13科目が終わりました。なんとか、無事に終わったのかなて感じです。結果怖い気もしますが、後10科目。明日以降返ってくるかと。ちなみに、最終日の臨床心理学は自分なりにストレスとリラックスの関係を説明する問題でした。
そして、ここで新事実発覚。今日試験閲覧に行った人より整形外科は実は採点ミスがあったみたいとのこと。15点くらいアップするのでは?とのこと。確かに手応えから考えると点数が低かったから何でと思っていたのですが、これなら上がるかも?まぁ、よくある話なのかな?とりあえず、明日で前期の授業全て終わり明後日からは完全な後期ですね。
  1. 2011/09/06(火) 15:19:38|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風一過

台風一過です。まだ晴れてないですが、とりあえず雨が止みました。
今日から本格的に後期カリキュラム始まりつつあります。まだ、明日臨床心理学の本試験残ってますが。又、本試験の結果待ちもまだかなりありますが。ちなみに、今日神経筋疾患返ってきました。満点でした。ようやくですかね。まぁ、だからと手を抜かないようにしたいですね。明日、最後の試験になりますように。
  1. 2011/09/05(月) 16:57:17|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

190分試験

今日は理学療法評価学の試験でした。これは2コマ使われる190分試験です。やる前から長丁場を考えると疲れるパターンです(汗)
実際に裏表の記述をメインとした神経学的検査。しかし、これなら分かるなてやつも多くありました。そして、整形外科的評価。これはラックマンやファーレンテスト、マックマレーやフィンケルシュタインなどについて○×20問。なるほど、こちらは負担を考えてですね。なんとか約90分かかって終了。間違いもある感じでしたが、いけたかな?て感じです。
いよいよ、試験はラスト1科目。火曜日に臨床心理学があります。これは問題のテーマが指定されている記述式です。週末考えて答えをまとめたいですね。
最後まで気を抜かずに全力で!ですね。
  1. 2011/09/02(金) 15:57:42|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後、2科目

いよいよ、後2科目です。今日は臨床運動学でした。立ち上がり、寝返り、起き上がりでした。寝返り、起き上がりはオール説明問題。一方、立ち上がりは○×と記号選択。そして、一問記述問題でした。立ち上がりの記述が若干問題の意図からずれてたかも?ですが、部分点に期待。
そして、内科、整形外科、そして老年期も返却されました。内科、老年期は優でした。内科は奇跡の優。老年期はやっと返ってきましたが、無事に優でした。整形外科はまさかの優いないという状況。まぁ、なんとか合格してました。良かった。
さぁ、明日は評価学。190分試験という非常に長丁場です。なんとか無事にヤマを越えたいな。
  1. 2011/09/01(木) 16:51:10|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0