FC2ブログ

田舎者@ptsのブログ

ヨーントのブログです

人体解剖実習

明日はいよいよ、人体解剖実習です。明日は上肢と内臓が主です。二回に分かれて行われますが、明日はその第一段です。色々学べるように努力したいですね。
スポンサーサイト



  1. 2011/04/27(水) 19:14:32|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いよいよ症例

いよいよ理学療法評価演習の症例が提示されました。前期は、やはり整形疾患です。まずは資料集めから始めました。確実に焦らずやるしかないですね。全ては評価実習に繋がるわけですし。
今日から、特別試験も始まりました。仮進級の人数人が対象です。頑張って人数変わらずに進みたいので、私は復習こなしながら、応援です。
  1. 2011/04/26(火) 22:45:25|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前担任

昨日、休み時間に前担任と会い最近どうか?みたいなこと聞かれました。授業では会いますがそれ以外ではあまり機会がないですからね。なんか、異様に優しかったです(笑)まぁ、この先生に言われてた一年生の時の課題忘れずに取り組もうと思います。
とりあえず、バリアフリー展の発表も無事に終わりました。次は人体解剖実習です。予習したいと思います。
  1. 2011/04/23(土) 11:05:32|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

寝不足

課題ラッシュに対応するために色々とやっていますが、明らかに寝不足でイージーミスしたりしています。寝れる時は寝たいですが、そういう日がないですね。とりあえずしっかりと休養もしながら取り組みたいです。
  1. 2011/04/21(木) 08:01:33|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

課題ラッシュ

やはり、二年生は一番忙しいかも知れません。課題ラッシュですね。
理学療法評価演習においては、教員とのやりとりで症例についての理解進めていきます。毎回、ノート提出ですが、資料が足らないなんてことも。臨床運動学では姿勢の観察、分析を提出しないといけません。老年期の治療各論では、バリアフリー展の発表があります。人間発達学も出生後の立位までのまとめての発表があります。更には、今月末の解剖実習は恐らくレポートがあるでしょう。内科学も毎回小テストです。今後も義肢装具学でもセミナーということで発表があるみたいです。かなりのものですね。逆にきちんと一つずつクリアしていくことで検査測定実習に繋がっていくとは思います。頑張ってクリアしていきたいです。と、同時にテーマ決めて授業以外の復習もしないといけませんね。
  1. 2011/04/17(日) 00:29:51|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バリアフリー展

実力試験はなんとか、それなりにいけたかなて感じです。まぁ、やはり復習あるのみ。なんとなくでは、いけないですしね。
明日は理学療法治療各論でバリアフリー展の見学です。うちの班のテーマは車椅子。貴重な機会だし、しっかりやりたいですね。
  1. 2011/04/14(木) 20:41:52|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入学式

今日はうちの学校入学式でした。理学療法、作業療法、そして同じ法人のもう一つの学校の理学療法の合同入学式です。思えば一年前、いきなり入学式で焦らされた思い出があります。今年も多分、早速締めにかかっているはずですが。今年は休みだったんで、明日初めて一年生を見る機会があります。負けずに頑張っていきたいです。
明日は二年生最初のイベント、評価学の実力試験です。
  1. 2011/04/11(月) 16:36:26|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

評価演習

理学療法評価演習の課題をやっています。内容は、大腿骨頚部骨折の後に人工骨頭置換術の症例レポートを読んでの考察。分からないことは、ひたすら書くしかありません。なんとか今日で仕上げないと明後日提出ですからね。うまく、折り合いつけて頑張ります。
  1. 2011/04/10(日) 20:25:44|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

授業一回り

一週間経ち、基本的に授業が一回りしました。中にはまだ開講されてないのもありますが、基本的にはて感じです。
やはり、イメージしていたように評価演習は強敵です。理学療法の評価過程をつける授業、つまりはかなり中核になりそうです。実習みたいにデイリーを提出しながら、実際の患者さんを評価していきます。まずは、ボトムアップの過程。しっかり取り組みたいです。
  1. 2011/04/07(木) 19:06:57|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一筋縄ではいかない

医学系の授業は一筋縄ではいかないですね。内容も濃いし、難しいです。後、やはり経験年数も影響するから年配の人も多いです。
ですが、今我々はそこから少しでも学ぶことが出来ればと思います。出来るだけ否定的にならない、まずは講師の批評はいらないと思います。そうすることで、本質が見えてくるかも?
今日、今年度のクラスの委員が決定しました。全員が立候補によるもの。それをまずは認めたいです。今年は批評少なく、プラスの視点で頑張っていきたいです。
  1. 2011/04/05(火) 23:33:42|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一番大切な時期

二年生も早くも3日授業が終わりました。あくまで概論ぽくやる雑談ぽいのもあれば、しっかり授業することもあります。
二年生はやはり大切な時期。この一年で疾患を知り、評価プロセスを学ぶようになります。今は復習しながらやっていく時期。しっかりやらないといけません。
流石に二年生になると、うるさい人も減ってきましたが、逆に慣れで私物化する人が多かったりします。床に教科書、ロッカーの上に荷物、更に酷い人は床に飲みかけの口の開いた缶を置くなど。やってはいけないではなくて、何故やってはいけないかとかしっかり考えないといけませんね。
  1. 2011/04/05(火) 00:42:41|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

考える授業

二年生開始です。早速、義肢装具学と治療各論がありました。これからは、グループワーク多くなりそうです。しっかり考えないといけないんですね。だからこそ、基礎は必要ですね。
国家試験の合格率が全国で74.3、うちの学校は71くらいでした。明確に危機感持って頑張らないといけませんね。
  1. 2011/04/01(金) 20:23:29|
  2. 二年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0