田舎者@ptsのブログ

ヨーントのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理学療法士になりました、ありがとうございました。

今日は、国家試験の発表でした。研修最終日でしたが、気になるのはそれだけて感じ。そして、配属先に向かい14時。中々開かないホームページ。しかし、やっと開いた。あった!科長が記念に握手を全員としてくれました。

とうとう、やったんや。理学療法士になったんや。思えば3年間色々とあったけど、今日のこの日を迎えることが出来た。今日、今から職場に戻って立食パーティ。さぁ、頑張ろう。

さて、このブログはこれでひとまず終了します。又、いつの日か戻ってくるかも?ですが。2年とちょっと、このブログと歩んできた。ありがとう、やっと卒業です。全ての人に感謝して、これからもこつこつとやっていきます。又会う日まで、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/29(金) 16:29:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仕事開始直前

いよいよ?25日から研修が始まります。人それぞれの感じで既に始まってる人もいれば、1日開始の人もいます。いよいよ、理学療法士としての歩みが始まるて感じです。

まぁ、その前に29日の国家試験の発表。マークミスなどなく無事に、といきたいです。
  1. 2013/03/24(日) 05:07:55|
  2. 三年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終章理学療法士学生生活その9 国家試験(後半)

さて、いよいよ国家試験。説明が終わり問題が配られ、開始でした。ケアレスミス対策として以前よりやっていた問題文に線を引くを実行。又、絶対に飛ばさない(マークミスを防ぐ為)を実行。今回の国家試験は、計算問題が難しく根拠分からないけど、多分これみたいな問題ばかりでした。ただ、後は基本問題多くて、意味の分からないのもあるけどそんなに目立たない感じでした。

昼休み、ちょっとしたトラブルがありましたが、忘れて午後へ。ちなみに、答え合わせしてる人いましたが、試験ではそれはタブー。やったところでどうにもならないから、とりあえず忘れて午後に集中です。

午後も同じ感じ。ただ、今回の実地問題は絵がこれでもか!ていうくらい癖がありました。

終了後、自宅で自分の担当の問題について解答作成。色々と気になりましたが解答速報は見ずに就寝。そして、翌日学校で自己採点でした。こうして、国家試験を終え卒業式でした。
  1. 2013/03/11(月) 21:17:36|
  2. 三年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終章理学療法士学生生活その8 国家試験(前半)

国家試験です。直前になると色々とやってきたけど、いけるのか?ととにかく不安な日々でした。当たり前の問題を当たり前に正解するということを考えて勉強していました。そして、普段と変わらない生活をしていきました。

前日は、参考書の流し読みをしていましたが、途中からリラックスする為に動画見たりしてました。そして、夜は22時くらいから横になりました。寝たのは23時まわってましたが、意外なくらいすっと寝れました。

当日は6時起床、7時出発でした。朝、整容しながら鏡見ながら「今日いけるらしいで」と自分に言い聞かして。(笑)

電車内では軽く参考書見ながら、いよいよ会場の最寄り駅。そして、担任の先生が「出席取ります」で笑ってしまい、リラックス出来ました。無闇に励まさず、普段通りで。会場の近くの商店街には事務の人がいてキットカット配ってました。そして、いよいよ正門。人生を変える、そう決めて学校に入って3年。色々とありましたが、いよいよこの場に立てました。
  1. 2013/03/10(日) 18:55:33|
  2. 三年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終章理学療法士学生生活その7 最後の関門

三年生後期。最後の治療実習は10月末にスタートでした。最後ということで色々と求められることの多い実習でした。ただ、一つ言いたいのは実習で求められるのは患者さんにどれだけ向き合えるか?考えられるか?だと思います。それを裏で学生のやる気をそぐようなことを平気で言うとか、笑い飛ばすとか。どれだけ良い技術を持っていても価値は半減しますよね。そういう意味ではこの実習はとにかく、苦痛でした。ただ、見ている人は見ていてくれました。患者さんがとにかく、優しかったなと。はっきり言って患者さんにどれだけ癒されたか?です。この実習から言いたいのは、とにかく辛い実習ではなく楽しい実習。それを提供出来れば、学生の質も上がるから患者さんにとって良い効果が出るということ。そういう意味では、この実習で苦痛を与えた数人のセラピストについては、反面教師にしようと思います。患者さんに退院祝いでせっかく頑張って作ってバイザーも賛成してくれたメッセージカードを笑い飛ばした人を私は絶対に忘れないでしょう。

実習終了後はとにかく国家試験の勉強。日が近づくにつれて追い込まれていきましたが、「当たり前のことを当たり前に正解する」勉強をしてプレッシャーと戦いました。そして、いよいよ運命の国家試験の日がやってきました。
  1. 2013/03/09(土) 15:35:35|
  2. 三年生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。